主に日本に関連した「海外の反応ブログ」です。

お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。MLBやボクシングほかスポーツ系が多めになっています。

このブログについて プライバシーポリシー
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

RSS

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
20 コメント

U24日本代表がアルゼンチンに3-0で快勝(アルゼンチンなどスペイン語圏の反応)


東京五輪世代のU-24日本代表は29日、U-24アルゼンチン代表との国際親善試合2連戦の第2戦を北九州スタジアムで行い、MF久保建英とDF板倉滉のコンビでコーナーキックから2得点するなど、3-0で勝利を収めた。

■日本サッカー協会公式ハイライト映像(3分14秒 2021/03/30公開)
【ハイライト】U-24日本代表vsU-24アルゼンチン代表|SAISON CARD CUP 2021 3.29 北九州スタジアム - YouTube


wm2018-3420064_640.jpg

この試合についてアルゼンチンなど中南米ユーザーと思われるスペイン語のコメントをまとめました。(引用翻訳元 youtube

以下、海外の反応


おめでとう日本!日本の選手はとても強かった💪💪💪



今回見事な活躍をした久保選手、2年後にはレアル・マドリッドで活躍してくれることでしょう。彼は神がかった日本人だ。



日本がここまでやるとは思っても見なかった。



日本の選手はいいプレーをする、初戦でもその片鱗を見せていた。こうなっても不思議ではない。



日本の最初の素晴らしいゴールは、メッシがロシアワールドカップでのナイジェリア戦で決めたゴールを思い出させた。 (※同じようなコメント複数あり)



日本が勝ったことを嬉しく思います。私はアルゼンチン人ですが、私はキャプテン翼のファンであり、この日本は日向、若林、翼、美咲、三杉などを思い出させます。日本の勝利おめでとう。





アルゼンチンが、ドイツやスペインなどの列強と戦っても日本戦以上に大敗しないでほしい。

└ 日本のサッカーがずいぶん上達したことは知られているけど、アルゼンチンのサッカーの後進性も同時に起こっている。私たちは、自分たちがもはや力を失っていることを認識しなければいけない...そして、そのことは多くの他の国が示してくれている。



アルゼンチンがオリンピックに向けて新しい選手を試しているなら、日本が勝つのは当たり前。

└ 0-3で負けるということは当たり前でもないし、現実的に受け入れられない結果だよ。

└ 日本もオリンピックに向けて選手をテストしている時期だから当たり前ではない。でも0-1で負けるならともかく、0-3で負けるなんて思いもよらなかった。



情けない、恥を知れ。ボカやリバーなどの有力クラブは選手を出すことすらしない!

└ たしかに日本にはフル代表のスターターでもある久保もいたけど、結局は日本がフレンドリーマッチでもベストを尽くしたからこの結果が出たのでしょう。



漫画では、日本はアルゼンチンを4対3で破っているけど、大空翼や日向がいて、さらに若林源三がセーブしていたらどうしようもない。

└ イナズマイレブンではアルゼンチンが勝ったよ。

(※補足)『イナズマイレブン』は、ニンテンドーDS用サッカーRPG『イナズマイレブン』シリーズを原作とする日本のテレビアニメ作品。日本国外では、東南アジア、欧州、中東、オーストラリアなど20か国以上も放映されていた。イナズマイレブン (アニメ) - Wikipedia


└ それでもアルゼンチンはグループステージを通過できなかったんだよね。アルゼンチンでは典型的なあり得る例だけど、アルゼンチンは2位通過にさえもしてくれなかった。



みんな、今はどのチームも強くなっている時代だ。夢ばかり見るのはやめよう。



アルゼンチン代表はこの日本に簡単に勝つことができたはずだよ。有力な若手を招集しようとしても、年々クラブの志向が強くなり、AFA(アルゼンチンサッカー協会)も簡単に譲るようになった。



日本に負けたのは恥。



もっとアルゼンチンはセットプレーのボールに働きかけないと。働きかけていれば日本の選手が簡単にヘディングすることは出来なかったはず。

└ 日本代表はもちろんのこと、日本人は一般的に身長が高くないからね。




フレンドリーマッチとはわかっていても、やはり悲しくて屈辱感を感じずにはいられない。

└ これは重要な試合ではない。オリンピックに向けてのフレンドリーマッチということで。いくつかの欠点を克服していこう。😎👌



私たちはこれからも向上し続けなければならないし、意味もなく贅沢をするのはやめなければならない。クラブが選手を貸すための戦略を立てなければならない。



レアル・マドリードの久保建英は2019年のコパ・アメリカに出場していたよね。

└ 今は別チームにレンタルされている。



あの試合でアルゼンチンに何が起こったのかわからない、アルゼンチンは最悪だったが、日本はとてもいいプレーをした。



日本は未来のスター・有望なサッカー選手がたくさんいるチーム、なんて素晴らしいのだろう。まだ20歳/21歳くらいのジュニアチームのように思っていたけど将来は良いサッカーを見せてくれるでしょう。😎👌



ともに頑張ろう、日本。



ここ数年、日本は非常に優秀な選手を輩出してきて大きな力を発揮しているね。参加できただけでも有意義で素晴らしい試合だったけど、最も素晴らしいのはコロナ渦の中でスタジアムにつめかけた人々を見られたことかな🏟⚽。




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)
関連記事

他サイトピックアップ

コメント

名無し 2021/04/03 11:51 

サッカーしか誇る事が出来ない南米人
数少ないプライドを、普段蔑んでる相手にズタズタに切り裂かれたんだものなぁ
名無し 2021/04/03 12:01 

>若林勉三
キテレツかな?
名無し 2021/04/03 12:09 

強いチームと戦うと日本も前進できる
ありがとうアルゼンチン
名無し 2021/04/03 12:27 

どこの国でも負けるとベスメンじゃないって言い訳するのは一緒なんだなw
名無し 2021/04/03 12:47 

どの国でも、〇〇に負けたら恥なんて言い方は相手国に失礼。
名無し 2021/04/03 12:48 

ククク... ヤツはラテン四天王の中でも最弱...
名無し 2021/04/03 12:50 

ベストメンバーではないとしても、2試合も戦えたってのは良かった。
お互い負けて問題点を浮き彫りにできたってことで、双方有意義だった。
サッカー協会よくやった!!けど、、、韓国戦は…ない
名無し 2021/04/03 12:59 

>>日本代表はもちろんのこと、日本人は一般的に身長が高くないからね。

一般的身長関係なくね?w
試合に出場してる選手の身長だけが重要であり、日本代表DFの身長は決して低くはない
名無し 2021/04/03 13:00 

>>4
どこの国にも事実を言い訳と勘違いする間抜けがいるって言ったほうが正解
名無し 2021/04/03 13:03 

アルゼンチン弱すぎ。サッカーの才能無いんじゃないの?
名無し 2021/04/03 13:18 

>>9
事実と言い訳は両立出来ますよ
それを知らない人が、どこの国にもいるようですが
名無し 2021/04/03 14:01 

勝ちは勝ち負けは負け、勝負の世界ってそんなもん
名無し 2021/04/03 14:46 

ラグビーなら昔は日本の方が強かったが
いまはアルゼンチンの方が強い。
逆のことがサッカーで起きても不思議ではないさ。
名無し 2021/04/03 15:23 

キャプテン翼の影響でアルゼンチンはサッカー強豪国ってイメージがあったが…
名無し 2021/04/03 15:58 

セットプレーの時アルゼンチンの選手より皆おでこ1つ分高くて
最近はほんとデカイ選手増えたなぁって思ったけどね
名無し 2021/04/03 16:36 

>>9
ベスメンじゃないのは日本も一緒
南朝鮮との試合はむしろ日本の方がベスメンじゃないから言い訳にならんね
名無し 2021/04/03 16:37 

>>14
アルゼンチンは南米一位らしいよ
名無し 2021/04/03 17:53 

ベストメンバーじゃないから負けたって言い訳は弱い国が言う事
本当の強者はそんな言い訳しない
なぜなら試合出てるメンバーがベストメンバーだから
どんな天才でも試合出れなきゃ意味が無い
名無し 2021/04/03 21:35 

日本は堂安、冨安、安部いないけど?
アルゼンチンよ言い訳していたら強くなれんぞwww
名無し 2021/04/04 04:39 

アルゼンチンが今回衝撃だったのはインテンシティ(サッカーでは主に体の押し合い、
ぶつけ合いの事を指す)で日本に負けたのが大きい。

それまでの日本のサッカーはインテンシティを避けてパスをメインに主導権を
握っていくサッカーだったが、まさかアルゼンチンの相撲の様なサッカーに
がっぷり四つ相撲をして勝つとは思わなかった。

身長190cm体重94kgのガイチが板倉に吹っ飛ばされた場面が象徴的。
※本文入力のみでコメントできます。
非公開コメント
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへアクセスランキング