お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
7 コメント

井岡一翔vs田中恒成の試合内容に海外ボクシングファン大感動(海外の反応)


ボクシングKO_TKO

このニュースについて海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめました。ボクシングサイトに常駐する辛口のボクシングファンからも試合内容を絶賛する声が多く寄せられていました。(引用翻訳元 boxingscene、twitter、reddit

以下、海外の反応


とにかく井岡の身のこなしがすごい。ストップ直前は田中が勢いを増していたように見えたが・・・その直後にバン!とよろめいた。井岡はスムーズにリングを動き回り、フットワークの良さを発揮していた。



レフェリーのストップのタイミングが素晴らしい。

└ 私もそう思ったよ。素晴らしいレフェリーだ。あの試合のハイライト映像をもっとみたいね。もっと名場面があるだろうし、素晴らしい試合!



何て素晴らしい試合なのか。 同じ国の二人の戦士がライバルとして戦う、他国との対戦のようなAサイドBサイドのようなものではなく、ライバルとしてマッチアップして2020年を締めくくろうとしている。井岡にはおめでとう、田中はこの敗北から多くのことを学んでほしい。
レフェリーにも称賛したい。私はこのストップを支持する。田中が更に傷つくのを防止しただろう。田中は若いし、ダメージをより少ない状態で戻ってくるに違いない。



井岡のあのカウンターパンチは最高だった。完璧なタイミングでノックアウトしてストップさせた。



田中は最初の3ラウンドはいい感じだった、しかし井岡は田中の様子を見ていただけだろう。ラウンドが進むにつれて田中のガードが甘くなり、井岡のパンチが着弾し始めた。



井岡のパフォーマンスは見事だった。彼は美しいボクシングをしていて、しっかりとしたクリーンヒットを打ち続けていた。田中は容赦ない攻撃で井岡を衰えさせると思っていたが、そうはならなかった。第6ラウンド終わり頃をライブで見たときには、田中の絶え間ないプレッシャーが井岡をもう少しで捉えそうに思えた。しかしリプレイを見た後、井岡がほとんどのパンチをかわし、ブロックし、ローリングしているのがわかった。あのレフェリーはおそらく田中のキャリアを救ったのだろう。井岡vsエストラーダの対戦が、2021年中に実現してほしい。。



素晴らしい戦いだった。クリーンでハイペース。



これは良いレフェリングだと思う。田中に状況を好転させるチャンスを与えながら、彼が再びクリーンヒットを浴びたときに、すぐに飛び込んできた。



井岡はP4Pトップ10にふさわしいよ。彼の実績は十分積み重ねられている。 しかし、彼はもう31歳だし、最高の状態で戦える時期は限られているだろうから、井岡 vs エストラーダ/チョコラティートとの対戦を早く見たい。他の人には興味がない。





今回は田中が勝つと思っていたよ。それでも井岡、おめでとう。素晴らしいパフォーマンスだった。



もう一度、この両者の対戦を見るのはありだと思う。

└ 同じ結果にならないかな。田中は戦績の割には井岡に勝つほどのディフェンスや顎の強さを持っていない。彼が4階級目の世界タイトルを獲得したいのであれば、彼はディフェンスを向上させる必要がある。



井岡の左フックはなんて素晴らしいのだろう。田中はディフェンスを改善する必要がある。

└ 田中はいい選手だけどディフェンスはそうではない。それと経験とタイミングの差でも勝敗を分けた。



最初の3ラウンドは、若い田中が井岡を圧倒するかと思ったよ。
田中にはもっとディフェンスを強化してほしいと思う。彼は素晴らしい攻撃力を持っているが、井岡のようなカウンターパンチャーの名手(エストラーダあるいは昔のチョコラティート)相手には酔っ払い状態にされてしまう。
井岡は、本当にマスター・ウィザードだ。個人的には、彼は世界ボクシング殿堂へのチケットを掴んだと思う。エストラーダ/チョコラティート vs 井岡の対戦が実現すれば、ボクシングで至福のカードになるだろう。でも対戦の実現は難しいかな。



田中は超テクニカルオフェンシブなボクサー、井岡は超ソリッドカウンターパンチがあって、どちらもとても印象的!



多くの誰もがすでに言っていることだが、それでも言わせてもらおう。ストップがあまりにも遅いレフェリーが多くいる中で、このレフェリーは素晴らしい仕事をした。田中はもうろうとしていたし、続けたら怪我をしていても不思議ではなかった。



井岡のパフォーマンスは素晴らしかった。年の締めくくりには良い試合だった。



日本では常にこの時期に最高の試合を提供し続けてくれる。1月1日に何らかの賞を発表してあげたい。



井岡vs田中の試合はファンには嬉しいものだった。井岡は総合力と正確なコンビネーションをリング上で披露してくれて、なぜ彼が4階級王者なのかを思い出させてくれた。田中にはこの敗戦から立ち直って、ディフェンス向上に努めてほしい。




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)

他サイトピックアップ

コメント

名無し 2021/01/08 19:23 

田中選手も本当に攻撃力のある強いチャンピオンなんだけど、井岡選手のスキルが完全にそれを上回ってた。
試合後に井岡選手が言った「This is boxing」の言葉通りの美しい試合だったと思います
名無し 2021/01/08 19:57 

うん、大体日本も同じ意見。
名無し 2021/01/09 11:08 

セコンド陣の差がありすぎた。
田中陣営の戦略がひどすぎる。
名無し 2021/01/09 11:32 

生で観てた。序盤から田中がかなり押してたからこの勢いで圧勝や、と思ってたら
ラウンドが進むにつれあれ?アレ?な展開で最後はカウンターで終了。
田中を応援してた側としてショックな内容ですわ。あんなに実力差があったとはね・・
名無し 2021/01/09 15:20 

田中選手は全体的にかたいイメージ。後はこれもイメージ的に直線的。後はぶつ切りで速い感じがした。其の間が隙として使える相手からすれば語弊はあるが、簡単に見えるのではないか?と思う。
名無し 2021/01/10 02:20 

井岡の動きは決して派手じゃないけど攻防一体で相手を追い詰めていく理詰めの嫌らしさがある
井上みたいな破格のパンチ力を備えてるわけではないからこそ一般ボクサーの参考になり得るような技術の高さだ
しかし以前は田中も技術レベルの高さを賞賛されてたがいつの間にか激闘型になってしまったなあ
不用意なダウンもあるし、見てる方はスリリングなんだけど対戦相手のレベルが上がると今回みたいに命取りだよな
名無し 2021/01/12 13:26 

お互い無駄なクリンチとかなくて純粋な技術勝負って感じの試合だったな。
面白かったわ。
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ