お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
24 コメント

大坂なおみが15歳ガウフを気遣う姿に海外感動(テニス全米オープン)



■インタビュー映像
(※インタビューの主な内容 引用元【全米テニス】 大坂、ガウフに快勝 試合後の「心遣い」が感動呼ぶ - BBCニュース
ガウフは、「彼女(大坂)は私が驚くようなプレーをしたと言い、幸運を祈ってくれた。そして、コートでのインタビューを一緒に受けるか聞いてくれた。私はずっと泣きっ放しになるとわかっていたから『やりません』と答えたけど、彼女がやるようにと勇気づけてくれた」と観客に向けて話した。
さらに、「すごい試合だった。彼女はすごかったし、私はこの試合から多くを学ぶと思う。彼女は私に対してとてもやさしい。この機会をくれたことを感謝している」と述べた。
~中略~
一方、大坂はガウフの関係者席に向かい、「あなたたちは素晴らしい選手を育てた」と称賛。続けて、「この試合は全豪オープン以降で最も集中できた試合だったと思う。(ガウフに顔を向け)この調子であなたと対戦したことを気の毒に思う。ものすごく楽しかった」と話した。
さらに観客に向けて、「来てくれてありがとう。異常な熱気だった。私に向けられたものとは言えなかったけど!」と加えた。
次の試合について聞かれると、「もう頭が働かない。ごめんなさい」。

この試合について、海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 twitter、youtube(※途中から日本で非公開に変わり日本から閲覧不可))
大坂なおみガウフ

以下、海外の反応


試合後に目撃したの光景は試合自体よりも美しい。ナオミは本当に素晴らしいです。彼女はあのようなポジティブなエネルギーを放っていて、ココ(※コリ・ガウフの愛称)も同じ波長に乗っています。



これこそが本当のスポーツマンシップと呼ばれているものであり、品格ある行動は誰もが持っているわけではありません。私はナオミのファンになりました!



あの若い女性は、彼女が今日負けたことを長い目で見れば、彼女のためにはおそらく良いことになっていくでしょう。彼女がより良い調整をして広い視野で見られることに役立つでしょう。


奥ゆかしく勝つ方法を教えてくれた史上最高のチャンピオン。



21歳と15歳、この二人は2倍以上の年齢のほとんどの人よりも情動で成熟している。見ていて学べることが多い。



テニス史上最高の瞬間。



これこそが清々しい品格!競争力、限界への挑戦、そして対戦相手に対して敬意を表すこと、これがスポーツの本質!



やだ、私も泣いてしまった😢😢😢
追記:2回も😢



私がナオミを気に入っているのは、カメラが向けられているかどうかは関係ないということ。

↑ セリーナはこれに学ぶべきです!



大坂なおみは、テニス史上最も親切で成熟したランキング1位のプレイヤー。



将来のある日、二人がこの試合を振り返る日が来るのでしょう。進行中の二人のレジェンドが世界に示されている。

↑ 進行中?そのうちの一人はすでにグランドスラムの2つを制しているのに!

↑ ガウフがレジェンドになるかどうかはわからないよ。大坂はすでに自分自身を証明している。

↑ テニス界には一時的にしか光り輝かない人がいっぱいいる。ガウフはいつか素晴らしい選手になるかもしれないが、彼女のキャリアが燃え尽きてしまう可能性も同等かそれ以上になりそう。



この二人は実際にテニスを面白くしてくれるし、初めてテニスを見る人からも多く注目を集めてくれる。



ナオミを見ていると、テニスを見てテニスをプレーしたくなってくる。



素晴らしい試合だった。ナオミは強いだけでなく、非常に聡明ですね。



ナオミから学ぼう。彼女は怒りと感情をコントロールして、後で対処する。

↑ 全豪オープンファイナルで第2セットを吹き飛ばした後、リセットした彼女のセルフコントロールは驚異的だった。



ナオミはこの全米オープンで再び優勝する。



すべてが一流ですね。ウィリアムズ姉妹が去った後でも、テニス界は飛躍中の才能のある若者の手に委ねられる!




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←)

他サイトピックアップ

コメント

名無しさん 2019/09/02 21:00 

良い話あんだけど負けた相手はそっとしとくのが日本人ぽい思考な気がする。
名無しさん 2019/09/02 21:09 

短いキャリアで終わってもいい思い出。糧になるでしょう
泣いてる自分を目立たせて恥をかかそうとしたと思わない限りはね
名無しさん 2019/09/02 21:13 

日本人?ガイジンですよ
名無しさん 2019/09/02 21:57 

この子もこの子の親も旧知の、同じスクールの後輩らしいね。
名無しさん 2019/09/02 22:04 

>>1
ショックな事があったとき、日本人は「一人にして欲しい」「一人にしてあげよう」と考える。
欧米人は「側にいて欲しい」「側にいてあげよう」と考える。
一般論だがな。
名無しさん 2019/09/02 22:07 

日本人とかアメリカ人とかじゃなくナオミ流の気遣いなんだろう
そっとしとくっていう手もあるけどこれもまた良い気遣いだと思う
名無しさん 2019/09/02 22:14 

>>1
相手はアメリカ人であり、大坂選手も向こうの作法を知っているだろうし、作法など決まっていなくとも、その相手を慮り、その場の空気を感じて行動し、相手にも観客にもポジティブな結果を得た。
名無しさん 2019/09/02 22:17 

負けた後に大事なのはふっきってメンタル立てなおす事だからな
泣く時間を短くできたし最高のきっかけだと思う
名無しさん 2019/09/02 22:18 

敗者を晒しものにしてるよにしか思えないのだが。
たまたま敗者側が慰められたと受け止めただけだと思う。
名無しさん 2019/09/02 22:34 

>>1
日本人がそうでない人や環境にいる人たちに対して日本的な感覚を要求するという事がどれほど傲慢かを知ると良い。もしくは大坂を自分勝手にカテゴライズして同調圧力を迫る。これもまた傲慢。
名無しさん 2019/09/02 22:48 

悪く取れば悪く、良く取れば良く思えるよ
なおみに悪気は無いと思う
世の中殺伐としてるけど優しく行こう
名無しさん 2019/09/02 22:50 

>>3
お前は害人だけどな
名無しさん 2019/09/02 22:54 

直美ちゃんは大好きだけど
少し情緒不安定なんじゃないんかな?
って感じる。
名無しさん 2019/09/02 22:55 

>>3
直美ちゃんはアメリカと日本の魂を持ってるスーパーウーマンだよ!
名無しさん 2019/09/02 22:56 

アメリカ文化の中の人だな。
名無しさん 2019/09/02 23:08 

※3
お前は人外だけどな
Vvv 2019/09/02 23:25 

美談には違いないけど、ちょっと繊細過ぎるんだよな。
たぶんだけど、大坂選手は試合中、ほとんど観客が地元のガウフ選手に声援を送っているのが分かってた。
それで彼女がボロ負けして大泣きし、観客も落胆したからあんな行動を取ったように思う。
少しでも後味が良くなるようにね。
別に「彼女は将来有望だわ」みたいなコメントだけでもよかったのに。
セリーナの時もそうだったけど、自分にブーイングした観客なんて放っときゃいいのに、「勝って申し訳ない」と考えてしまうんだろう。
もっと非情になれたら一皮むけると思うんだが。
名無しさん 2019/09/02 23:33 

>>10
海外の話とはいえ日本人が大坂なおみ(日本人)だからこそ、この
場面でそういう印象を抱いたと日本のネットで呈しただけの話だ
よね。当然、1は全く1mmも要求も攻撃もしていない。どれだけ
海外経験が長いのか知らんが、ニュース記事見た感想にいちいち
噛かれてもな。そうでなくとも文章から随分まだ精神的に幼い方
と見受けられるが、一番わかりやすく傲慢が過ぎるのはどう見て
も貴方だよ。あと「カテゴライズして同調圧力を」のへんは意味
不明。
大衆の面前でなく、その死角や他人の視線の無いところで善行を
積んだ方がベターって考えるのは日本人としての美徳が備わって
るからだろ。そんでそれは海外の人の目から見ても別におかしい
事じゃない筈だよ。
名無しさん 2019/09/02 23:38 

17
おまえこそ剥けてからもの言え。
名無しさん 2019/09/03 00:07 

優しさなんて人それぞれだから
相撲では倒した相手に手を差し伸べるものだけど
絶対に手を差し伸べなかった北の湖は最強のヒールだった
情けをかけられることは恥とする北の湖なりの優しさの形だったそうだが
名無しさん 2019/09/03 01:43 

同調が上手くはまれば、良い勝負になり、
ヘタになってしまうと、ペースを崩す・・
なんだか当たり前だけどね
名無しさん 2019/09/03 03:07 

次あっさり負けちゃったけどね
名無しさん 2019/09/03 11:41 

こういう大きな大会に出るようなテニスプレイヤーのほとんどは対戦相手age、怪我の心配がテンプレだと思ってたんだけど。
名無しさん 2019/09/09 13:06 

立派だと思う。
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ