お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
42 コメント

日本映画「南極物語」を見た海外の反応


今回紹介するのは、1983年に公開された日本映画「南極物語」を見た海外の反応です。南極物語は、南極に残された兄弟犬タロとジロが越冬隊員と再会する実話に基づいて描かれ、1997年に「もののけ姫」に抜かれるまで日本映画の歴代映画興行1位を記録していました。

海外ユーザーと思われるコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。
以下、海外の反応(コメント引用元 youtube、amazon.com


とても悲しいけど素晴らしい映画!



この映画は南極大陸ファンにとっては唯一といっていい最高のクラシック作品です。本当に面白いから楽しんでね!



南極物語は、歴史書のほとんどが言及を怠ってきた南極の歴史の一部です。



エンディングは、言葉がない沈黙のシーンでも、感情、涙、喜びとありったけの愛が伝わってくる。 スペイン語圏



私は1996年にオーストラリアのビデオレンタル店でこの映画を「発見」し、それ以来ずっと探していたんです。Amazonありがとう。この映画は息をのむほど美しく魂を揺さぶる内容になっています。あなたが犬好きではない場合でも、この映画は魅力的です。とにかく、この映画は借りようが買おうが、これを見るために何でもしてください。その努力に見合った価値があります。


クレジットが流れて終わりになってもずっと心がときめいていました。なんて素晴らしい映画でしょう。ブラボー!ファンタスティック!



エンディングは、とてもパワフルなシーン。
人間と犬が特別な雰囲気を作り出す。



これは美しい日本の傑作です!見るものの心を捉え、激しい感情にさせてくれる。そして人生、愛、助け合いが何であるかを教えてくれる。ヴァンゲリスの音楽は素晴らしいです。
(※補足)ヴァンゲリス - Wikipedia
邦画『南極物語』の音楽、さらに日韓同時開催となった2002 FIFAワールドカップの公式アンセムがオリコンでシングルベスト10圏内に入った事などでも知られている。



悲しい涙と嬉し涙、両方の涙に備えてください。



私は8歳のとき、幸運なことに父の提案でこの映画を見ることができました。
ミスターベースボールの高倉健が犬ぞりチームのリーダーを務めています。犬好きの人には必見です。私はほとんどの日本映画が嫌いですがこれは例外です。



愛犬家の私がこれを見て少し泣いてしまいました。 素晴らしい話、景色、そして1958年に実際起きたことに非常に近い。(リメイク版の)8belowと見比べても南極物語のほうがはるかに優れています。いつまでも長生きしてね。タロ&ジロ。



この映画は、犬との友情を扱った中で最も感動的で心温まるものです。私が愛犬とこの映画を見ていたら、愛犬が映画の中の犬に反応していました。



このオリジナル版は、ディズニー制作のリメイクよりもはるかに優れています。素晴らしい写真、素晴らしいカメラ、素晴らしいキャスティング、素晴らしいストーリー、素晴らしいヴァンゲリスのサウンドトラック。この経験をお見逃しなく。



あなたの心を、純粋さと静けさで満たしてください。





高畑の「ホタルの墓」と同じように、この映画は涙腺にとって拷問です。クリネックスのティシュで涙を拭う動作がプラスして必要です。 フランス語圏



これは壮観な映画です。最近の実話であることを忘れそうになります。
この映画を見ても感情が動かされないなら救急隊員を呼んでください。なぜなら、あなたの魂が体を離れているからです。


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票(クリックで投票完了、1日1票反映)をしてもらえると励みになります
南極物語2

他サイトピックアップ

コメント

名無しさん 2019/01/15 14:30 

タロは北海道大学植物園、
ジロは上野の国立科学博物館で会えますよ。
名無しさん 2019/01/15 14:31 

感動の映画だけど撮影用にアザラシを殺したなどの批判があったらしいな
名無しさん 2019/01/15 14:33 

昔からこの映画のお決まり「動物虐待」
その手のコメントが無かったのか、拾わなかったのかわからないが、とりあえずホッとした
名無しさん 2019/01/15 14:39 

けっきょく南極大冒険
名無しさん 2019/01/15 14:50 

今度はタロジロと一緒に行った猫で映画化して
名無しさん 2019/01/15 14:55 

ヴァンゲリスの音楽しか印象に残ってない
名無しさん 2019/01/15 15:11 

子供の頃に号泣した記憶…高倉健だったのかー。もう一度観てみようかな
名無しさん 2019/01/15 15:12 

>>5
実際に南極に行った猫がおるそうな
名前は「たけし」、珍しい雄の三毛猫で20歳を超えるまで生きたとか
名無しさん 2019/01/15 15:54 

タロの顔がぱっくり四つに割れたのには驚かされた
名無しさん 2019/01/15 15:57 

≫私はほとんどの日本映画は嫌いですが
なにこれ、中韓人?
名無しさん 2019/01/15 16:03 

でも捕鯨にはケチつけてくるんだよな
名無しさん 2019/01/15 16:11 

※9 そ、それはとても、謎の物体ですね…!
名無しさん 2019/01/15 16:34 

>>10
中共では高倉健主演の「君よ憤怒の河を渉れ」が初めて上映された(1979年)外国映画で、大ヒットしたらしい。
で、日本の公権力に抗う健さんも中共で人気を得た。父親が「南極物語」を提案したのはおそらく高倉健主演だったからであり、その世代の移民なんじゃないかと推測。
名無しさん 2019/01/15 16:34 

>>2
犬もワザと海へ
リアル感を出す為になw
タレント犬が無い時代だからな…
名無しさん 2019/01/15 16:39 

>>9
それ違う…
名無しさん 2019/01/15 16:52 

まあ、そういう時代だったとしか言えないだろ
今起こったことなら、確実に世界から非難の嵐だが
名無しさん 2019/01/15 16:55 

子供の頃にこれと毒々モンスター見てトラウマになった思い出
名無しさん 2019/01/15 17:06 

有無を言わさず勝手に南極に連れてかれて酷使されたあげく放置とか、で、他人事のように感動したとか、人間ひどすw
名無しさん 2019/01/15 17:48 

家族で映画を見に行ったとき「スターウォーズ」を見に行くはずがオカン(毒親)の一存で「南極物語」にされた恨みは40年たった今でも忘れられない。当時はビデオなんか家庭にないし、テレビ放映されたのは5年後。
映画の内容なんかまったく記憶に残ってない。寒そうな場所と犬を二時間見せられただけ。
名無しさん 2019/01/15 18:10 

>>1
離ればなれなのかあ。
まあ魂は天国の虹のたもとで仲良く遊んでるか。
名無しさん 2019/01/15 18:24 

ハチもそうだけど剥製にするのはどうなのかと思う
名無しさん 2019/01/15 18:37 

金かかってるぞ、芸術だぞ、高倉健だぞ!
ってドヤ顔している監督
今見るとひどい映画
名無しさん 2019/01/15 18:51 

日本映画歴代1位は「子猫物語」(チャトラン)だと思っていたは。
名無しさん 2019/01/15 18:53 

以前、新聞にこの映画のプロデューサーさんの手記が載っていた事があって
撮影が終わり掛かってもいまだ、映画の曲を担当していたヴァンゲリスがなかなか作曲をしたがらなくて困ってしまったと書いてあったな。
名無しさん 2019/01/15 19:02 

映画やドラマに動物を出したいなら着ぐるみを使え
名無しさん 2019/01/15 19:58 

藤子・F・不二雄先生が自著の短編作品でタロジロをアザラシ側から見た凶悪な侵略者として描いてましたね
名無しさん 2019/01/15 23:14 

※25
想像して噴いたわw
名無しさん 2019/01/16 00:48 

主演二人とも亡くなったしなあ
名無しさん 2019/01/16 01:46 

この映画、上映当時、人気あり過ぎて、映画館の席が全部埋まって、
後ろと横の立ち見と階段に並んで座って見てたらしいよ
実体験の人から聞いた
名無しさん 2019/01/16 13:58 

>>26
星新一も、そういうショートショート書いてました
名無しさん 2019/01/16 16:56 

放置するにしてもなぜ鎖につなげるのか子供ながらにずっとおかしいって思ってた。
そういえばキムタク主演でドラマ化してたな。
犬の演技>>>>キムタクって揶揄されてたけど、本当に犬の演技凄かったわ
名無しさん 2019/01/16 23:03 

※29
昔の映画館は座席指定でも入れ替え制じゃなかったからね。
一度入ったら閉館までいられたし、席が無くても客を詰め込んでた。
名無しさん 2019/01/17 00:42 

>>3
薄っぺらい感想。
南極での犬の功績に目を向けなよ。
名無しさん 2019/01/17 18:50 

You Tube泥棒されとるやんけ
名無しさん 2019/01/17 18:52 

>>19
昔は無料で観られるまで時間が掛かった
名無しさん 2019/01/17 18:55 

>>29
映画館をグルッと行列してた
名無しさん 2019/01/17 18:55 

>>29
映画館をグルッと行列してた
名無しさん 2019/01/17 18:55 

>>37
失礼
大事な事ではないんだ
名無しさん 2019/01/17 22:24 

なんだろう。昔の邦画の「復活の日」を思い出したわ。
名無しさん 2019/01/18 05:38 

確かに当時立ち見が出るほどヒットしてたし
幼稚園児で見に行った記憶はあるけど
大学生になって見直したら
ヴァンゲリスの曲が印象的で他は特に・・・
名無しさん 2019/01/18 20:13 

北京原人 who are you?には全く及ばない。あれこそ邦画の傑作
名無しさん 2020/07/17 15:11 

6、7才の時初めてみた映画だったかな......
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ