お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
0 コメント

日本の「××ができるまで」を解説した映像「THE MAKING」が海外から大絶賛


科学技術振興機構が提供する科学技術の動画専門サイト「サイエンス チャンネル」で放送されている、製品の製造を紹介した「THE MAKING」。「××ができるまで」のタイトルで記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

その中でも、ベアリングに使われる鋼球について解説した英語版の映像が、海外ユーザーから評判になっていました。

製品そのものの工作精度についても驚きの声が上がっていましたが、それ以上に、映像の作り方が丁寧で完璧だという声が多く寄せられていました。

身近なモノが、どの様な技術を使って作られていくのかを追います。今回は、鋼球ができるまで。自転車の車輪などがなめらかに回るのは、軸の部分にボールベアリングという部品が入っているから。そのボールベアリングの中に使われている鋼球は、限りなく真球に近い球である必要があります。大きさの誤差が0.1マイクロメートル以下という、高い精度をもった鋼球を生産する方法をご紹介します。 出演者名・所属機関名および協力機関名 大旺鋼球製造株式会社
THE MAKING(314)鋼球ができるまで - YouTube


英語版’(コメント引用元)

以下、コメント欄に寄せられた海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめました


・これは素晴らしいビデオです。製造プロセスを完全に説明しており、とても丁寧に作りこまれています。



・英語版を作ってくれてありがとうございます!



・トップ10に値する、満足できるビデオです。



・素晴らしいビデオです。(YouTubeチャンネルに)登録しました!



・14分は長すぎる。



・いいビデオです。有益と同時にリラックスできるので、すぐに登録しました。



・製造プロセス全体を完璧に表現していることに敬意を表します。ありがとう!



・ナレーションが不足していて音楽がひどいのが弱点かな。でも努力して制作してくれてありがとう。



・このボールはその後、お父さんが家族の貯金を失うかもしれないパチンコ店に届けられます。 



・このビデオのおかげでとても深い知識を得ました。球体が輝きを増すというのは、完璧な真球に近くなるということなのですね。



・これを見て突然クロノトリガーをプレイしたくなった。 (+17)
(補足 クロノ・トリガー - Wikipedia『クロノ・トリガー』 (Chrono Trigger) は、1995年3月11日に、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売された日本のスーパーファミコン用ゲームソフト。



・本当に楽しめました。公開してくれてありがとう。



・いいビデオです。本当に素晴らしい。



・ついに、英語版が!



・情報満載のビデオですね。私は金属の貿易に30年間携わっているけど、この工程は見たことがありますよ。



・このような動画は他では見られないですね。音楽と作業工程が大好き!



・意外とクライマックスに欠けるかな。もっと、最新式の工程を説明してくるかと期待していました。



・「どうやって作られているか」に焦点を当てて、適切な図解と説明が添えれられているところが、より素晴らしいです。



・この小さな鉄球1つだけで35トンの重量に耐えられるのですね。



・この映像の公開日が私の誕生日だったんですよ。まるで私のために公開してくれたのかと思いました。



・この単調なバックミュージックには耐えられないです。

 ↑ unbearingable。笑 (+11 いいね) (※unbearable(耐えられない)にベアリングを掛け合わせた造語)

 ↑ どこかの任天堂の携帯ゲームの効果音に聞こえる。

 ↑ 私はこの音楽は好きですよ。

 ↑ 美しい音楽です。



・これは、80年代の教育ビデオのような気がする。



・素晴らしい!!!



・「マーブルラン※」の拡大現実版か。(※ おもちゃの一種。参考Amazon参考 Amazon



・0.1マイクロメートルの誤差は信じられません!普通は 1マイクロメートルが限界でしょう。



・素晴らしいです。エンジニアリングも同様に素晴らしい。



・この効果音は、昔のポケモンのゲームを思い出させます。



・ハレルヤ非常に美しいです (※アラビア語からの機械翻訳)



・非常にクールな、素晴らしいビデオ!



・どこで、このサウンドトラックを購入できるの?



・素晴らしい.....常にボールベアリングがどのように動作しているのか疑問に思っていたのです。



・お風呂に入りながら見たくなります。



・日常生活で見過ごされがちなものを取り上げた素晴らしいビデオです。今後、ボールベアリングを見かけたときには必ず感謝するでしょう。(+46)

引用コメントは以上です。

他サイトピックアップ

コメント

非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ