お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
4 コメント

海外「空間の使い方がユニーク」東京の一戸建て住宅の内部を見た海外の反応


今回取り上げるのは、長年東京に在住しているフィリピン系アメリカ人のユーチューバーさんが、東京に住んでいる友人の家に訪れ、家の内部と友人家族との交流を紹介するという映像です。地下室と屋根裏部屋を備えていること以外は普通の家なのですが、視聴した海外ユーザーからは新鮮に感じたのか多くのコメントが寄せられていました。後述で英語コメントの一部を翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。

映像(6分間)
(「設定→字幕→日本語」で日本語字幕を表示できます)

Average Japanese House - Inside the Home of a Typical Tokyo Family - YouTube

以下、海外の反応。比較的インド人のコメントが多いと思われます。
(コメント引用元youtube
20180603-000260



私達のために家の中を見せてくれるなんて、なんて素晴らしい家族なのでしょう。子どもたちがとても可愛いです!



地下室と屋根裏部屋があるなんて本当に驚きました。このツアーに感謝します。



屋内の地下室、革新的な便座、日本には本当に素晴らしい家があるんだね。



こんにちは、私はインド人です。この日本の家のデザインは素晴らしく空間の使い方がとてもユニークですね。私もこの家を参考にしてインドにもこのような家を作りたいと思っています...😄

↑  まずはトイレを建てるところから始めないと・・・


日本では小さな一戸建てでもとてもお高いんでしょうね。; _;

↑ 一般的に日本の住宅は非常に高価です。



日本で地下室なんて間違いなく珍しい!日本の家でもっとこれがあればいいのに。



ああ、可愛らしい❤見ることができてうれしい...ドバイから挨拶します。



これはよく考えられて造られています。特に屋根裏部屋の造りが優れている。



私の友人やいとこが日本に住んでいて何度か訪れました。これは日本の標準よりも巨大な家というべきです。2つのフロアを余分に持っているのだし。

↑ (日本人) 私は日本人ですが、この家は東京では少し大きいかもしれませんが、他の地域では標準的な2階建ての家といえるでしょう。



私は16年間日本に住んでいたけど、この家は決して標準的ではないですよ。

↑ どのあたりが違うのでしょう。

↑ (日本人) 都市部から外れていればかなり典型的な大きさでしょう(伝統的な家でなければ)。



素晴らしい友人とご家族ですね。共有してくれてありがとう。



4:25 忍者ハットリくんお部屋へようこそ。

↑ ははは、ニンニン。



洗浄便座は本当に良いアイデアであり、この技術で水を節約できるでしょう。しかし、インドではこれを実現する望みはありません。



トイレで何かが点滅しているのを見たら、私は不安を感じる...



そのトイレはiPhone Xより優れた機能を持っている。



日本人はとても礼儀正しくて笑顔を絶やさないですね。





クール、日本人のフレンドリーでとてもおおらかな所が好き。



ゴジラはいなかったようだ。



私の夢は日本に行くこと。日本は本当の天国です。



手を洗うためにトイレタンクの上から水が出てくるなんて、本当に天才的な製品ですね。



この独創的なトイレがアメリカに必要。私は日本人が大好き!!❤



日本でしかも東京でこの自己所有の家を持っているとなると相当なお金持ちコースでしょう。



良い友人に恵まれているね。



日本の子どもたちが話す様子がとてもキュート。



正直言って、日本人は世界で一番素敵な人たちだと思う。もちろん日本人は見ず知らずの他人だが、私が日本に行ったときは誰もがとても親切に接してくれた。



日本の文化を見せてくれて本当にありがたい。


翻訳コメントは以上です。
記事内容が「よかった 役に立った」と思われたら
ブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(1日1票反映)

他サイトピックアップ

コメント

名無しさん 2018/06/03 19:02 

東京は広々とした土地(日本最大の平野)はあるが、人口も多いので土地が高い、しかし、サンフランシスコよりも安い。
日本の地方都市と比較すると大工さんの工賃も高いので建築価格も高い。
建材の品質は、、価格競争に勝つ為に安物が多い。
寒冷地ならぺアガラス以上で自動換気扇やセントラル暖房など寒さ対応で壁も厚く防音効果もある高断熱仕様の家が標準仕様になる。
近年の東京郊外の家も高断熱の家が建つようにはなったのは、土地に掛かるお金が都心よりも安上がりだからです。
都内は場所に因るから、この家が日本の標準仕様だと言いたいようだが、
日本列島は南北に長いので気候が違う、当然、家の作りも違う。習慣も文化も言葉も違う。
名無しさん 2018/06/04 02:45 

田舎の都市部のベッドタウンだと最近の家はこんなものじゃないの
我が家は駅まで15分だが家族3人で6DK、田舎の親戚の場合15DKとか
部屋も最低12畳とか古いが無駄に広い。駅近辺で坪20万前後かな、駅前はもう少し高い、昔の農家とかだと屋根裏部屋は普通の部屋より高いから普通に立てるし、階段が可動式だったりする
名無しさん 2018/06/04 06:50 

東京の23区外、首都圏ベットタウンだとこんなもんでしょ
田舎だったら小さい部類
名無しさん 2018/06/04 08:39 

屋根裏もちゃんと断熱してもらいたいなぁ。
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ