お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
0 コメント

有坂愛海さんが十年来のファンの死を悼み追悼ライブ、海外からも称賛の声


後述で海外ユーザーのコメントをまとめているのでそちらもご覧ください。
arisakaemi
十年来のファンの死、寂しさ抱え追悼ライブ あるアイドルの行動に称賛の声 (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース

“アラサーロリィタシンガーソングライター”と称して活動している有坂愛海さんが3月20日、長年応援してくれたファンが亡くなったこと、そして亡くなった事実を知るまでの出来事を「ファンを亡くした気持ち」と題したブログエントリで報告。有坂さんのファンやアイドル好きの人たちを中心に、ファンを愛しているからこその有坂さんの行動に称賛の声が寄せられています。

 亡くなったのは“おっきゃん”と呼ばれていた中年の男性で、約10年にわたり有坂さんを応援してきたという筋金入りのファン。おっきゃんさんは病気のため手術したことを有坂さんに伝えていましたが、その後SNSが更新されなくなり、ライブにも姿を現さなくなります。おっきゃんさんはこれまでほぼ全てのライブに来ていたことから、有坂さんは最悪の事態を想定しつつも、会いに行くため行動を開始します。

 アーティストがいちファンの家を探し出すという行為は、個人情報保護の観点からも手放しで賛同できるものではないかもしれません。しかし、それは有坂さんも承知の上でのこと。「私は事務所も入ってないし、迷惑をかけるメンバーもいない」と、全て自分の責任であることを理解した上で、約10年分の予約メールやmixiのログなどから、電話番号や住所などの情報を探し求め、ついに自宅を特定します。

 探しに行く前日も嫌な予感が頭を離れなかったという有坂さん。そして、ついにたどり着いた自宅で、近所の住人からおっきゃんさんが既に亡くなっているという事実を知らされます。「今まで活動してて一番つらかったです。信じられない気持ちと、やっぱりそうなんだって気持ちと」(有坂さん)。

 おっきゃんさんは、家族がおらず葬儀も執り行われていなかったことから、有坂さんは「お葬式がないなんて無念だろうし、私がやったるわ!」と奮起。「お葬式とかお別れの会って、残された人のためかもしれない」と、有坂さん自身を含め親交があったファンたちの気持ちに区切りをつけるために追悼ライブの開催を決めました。「『生涯有坂』ですか。死ぬまで有坂を推した男。伝説かよ。結構おもしろいし、かっこいいね」と、慈愛のこもったメッセージを送った有坂さん。追悼ライブは4月に都内で行われる予定です。

海外にも一部のニュースサイトやSNSで拡散されて伝えられました。海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。以下、海外の反応(性別、国籍などはわかるもののみ記載)

彼女はファンを思いやる親切な人ですね。彼はきっと天国から微笑んでくれていますよ💕 女性



彼女のような、ファンとの関係を維持しているアイドルがもっと増えてほしい。 アメリカ



多くの感情がこみ上げてきてちょっと言葉が出てこない。とても感動しました。彼女は素晴らしいことをしている。 イギリス男性



私はベッドの中で泣いています。とても感動しました。彼女はなんて素晴らしい人なんでしょう。 アメリカ 女性



彼が孤独死をしたというのは悲しい。しかし、彼女が今まで彼にしてあげたこと、そして今してあげていることは、本当に感動的で心温まる話です! ドイツ

↑ それが幸せで感傷的なのか、それとも単に悲しいことなのかは、私には判断できません。 国籍不明



(※本人宛)@arisakaemi あなたは素晴らしいことをしましたね。あなたは本当に素敵な女性です。4月11日の「おっきゃん」ライブにできれば出席したいところですが、遠くから心の中で一緒に追悼します。あなたには新しいファンが増えるでしょう。アメリカから愛を込めて! アメリカ 男性

↑ (本人からの返信)メッセージありがとうとざいます。私はこのニュースが遠く離れたアメリカにまで届いていることに驚いています。



彼のことはAKBソングのライダーを思い出させる。
(※補足 AKB48黎明期を支えたファンの″夭逝″ NMB48が歌い継ぐ「ライダー」誕生秘話 - ライブドアニュースから一部引用)
唯一特定のあるファンをモチーフにした楽曲がある。それが2006年8月から07年1月に行われたチームA3rd公演『誰かのために』の7曲目「ライダー」。AKB48を活動10日目の05年12月18日から応援し続けた故・福原浩文さんに捧げられた1曲だ。
 バイクが好きで"ライダー"の愛称で知られた彼は、連日AKB48劇場に通っていたが、06年6月16日に劇場で倒れ、病院に搬送された後、7月1日、不帰の人となってしまう。32歳で夭逝した彼のエピソードは、ファンブック『48現象』(ワニブックス)で6ページに渡って紹介されている。(以下略 )



アイドルに関する話はネガティブなものも多いのですが、これは数少ないポジディブ(?)なニュースですね。彼が天国からショーを楽しんでいると思いたいです。 東京在住のオーストラリア男性



悲しいけど、自分の道を貫いたという点では美しい。 カナダ



これはいい話。 アメリカ 男性



(※友人宛ての書き込み) 将来、君もこうなるね。



いい話 三重在住ニュージーランド女性



なんて感動的なのでしょう。この男の人は心から愛されていますね。.... 女性



うわー... そのイベントは彼女だけが為し得る特別なものになるでしょう。 大坂在住アメリカ男性



上品で格調高い話 ❤ アメリカ



私が今年読んだ中で一番感動した。 シンガポール男性

↑ 読む前は笑える話かと思ったら泣ける話だった。 シンガポール

↑ 私はあなたのために歌えますよ。 演劇活動をしているシンガポール人



たとえ生前の接点が限られていたとしても、彼女はファンである彼を本当に幸せにしました。



イベントがうまくいくといいですね。他のファンにとっても特別な思い出になるでしょう。 マレーシア


翻訳コメントは以上です。(コメント引用元facebook1facebook2facebook3twitter

他サイトピックアップ

コメント

非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ