お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
11 コメント

1100匹の猫のために自宅をシェアして生活する米女性、累計2万8千匹を保護していた【海外の反応】


28000猫
(映像の概要を翻訳 「※」部分は当ブログによる補足)
67歳のLynea Lattanzioさんは、6エーカー(※約2万4千平方メートル、東京ドームの半分強)の敷地と、5つのベッドルームがある家を、猫のために自由に使わせています。彼女自身は敷地内の小さなトレーラーハウスで暮らしています。
Lyneaさん「私のことは風変わりな猫女のリストで最上位にランクされているでしょう。24年間で2万8千匹の猫を飼った人は他に誰もいないと思います。おそらく記録ものでしょう」
現在、彼女は野生の猫や放棄された猫のために、カリフォルニア最大の猫の愛護団体「Cat House On The Kings」を運営しています。ゲージもなく殺処分もありません。

※映像

Ultimate Cat Lady: Woman Shares Her Home With 1,100 Felines - YouTube

Lyneaさんと彼女のボランティアチームは、約800匹の成猫と300匹の子猫をケアしています。
彼女は1992年に猫を飼育し始め、年末までに96頭を飼い始めました。
「当時私は独身で、子供がいなくて、家を買ってどうしようかと考えました。私は1,000匹以上の猫を飼うつもりはなかったのですが、一匹づつ飼っているうちにこうなってしまいました。」

「私は、スイミングプール、バーがあって、川の眺められる5ベッドルームの家から、1,600平方フィートの錆びた金属のトレーラーハウスに移動しました」「私がトレーラーに移動したとき、猫のいないゾーンにすると誓ったのですが、現在、20匹の子猫と4匹の子犬がいます」
20180105-000114

当時は財政的な助けを借りずに始めました。
「私が最初にこの努力を始めたときは、7年間私のポケットから払いました。退職金を使い、車を売って、結婚指輪も売りました。」
1993年、彼女は動物の医療費を抑えるための獣医技術者になり、猫の数は増え続けました。今は聖域が大きくなり、寄付金とボランティアスタッフに助けられて運営しています。

「現在、私たちには、ICUと、動物を確認するために週に1回来院する獣医師がいます」「食費や獣医師、医療費などで年間160万米ドル(約1億8千万円)かかります」
チームは午前4時に避難所で給餌を開始し、致命的な病気の猫にも医療を提供します。

彼女が猫を大切にしているのと同様に重視していることは、新しい家、新しい飼い主を見つけることです。
「もしも引き取りたいと思ったらウェブサイト(The Cat House on the Kings)をチェックしてください。500匹の猫があなたを待っていますよ。」


動画を見た海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめました。
以下、海外の反応
(コメント翻訳元facebookyoutube

彼女らが、すべての猫をきちんと世話をして健康であることがわかりました。これはとても驚くべきことです。彼女らが猫を世話している姿は心温まります。



この女性は馬小屋ではなく聖域として経営しているのですね。スタッフの人を見ても変な人はいないし、猫を安楽死させたり野生化させないように、猫を救うために努力していることがわかります。



私は猫が大好きだし3匹飼っているけど、それでも多いと思う。



この家は素敵な匂いがするに違いない(笑)。

↑ どこ見ても驚くほど綺麗に見えましたよ。きちんと運営している!

↑ 私は猫一匹飼っているけど、それでも尋常でないくらいに家にいたずらばかりしています。猫の糞だらけになりそうだし、とても真似出来ない。

↑ 毎日掃除しているから綺麗なのかな。私のところは2匹飼っているけどたまにしか掃除しないので匂います。



これは私の夢ではあるけど、果たしてうまくやれるのだろうか。



私がこれ全部飼ってみたい。



食事が不足する猫は出てこないのかな。

↑ 動画でも彼女はスタッフを雇って年間100万ドル以上使っていると言っています。猫は食べまくるでしょう。カタパリスの神のように。



Lyneaさん大好き、あなたは素晴らしい人です!



彼女は利己的な人間よりも猫と暮らすより幸運かな。



この女性に祝福を。もっと彼女のような人が必要です❤❤



私もこの従業員になりたーい。



私もこの女性と生活したいです。



駄目だ。自分には全く不可能。



この女性は、全ての人間がどうあるべきかを、親切で美しい無私(私心がないこと)の心を正確に表わしているようだ。


翻訳コメントは以上です。

他サイトピックアップ

コメント

名無しさん 2018/01/05 20:00 

この人が亡くなったらどうなるんだろうな。猫の扱いは
名無しさん 2018/01/05 20:05 

ボランティアスタッフがいるようだ
名無しさん 2018/01/05 20:43 

出来ることならこんな風に生きたい。
名無しさん 2018/01/05 21:07 

周りの家は困るだろうと思ったらめっちゃ広かった
獣医師の資格?かなんかまで取ったりちゃんと飼ってくれる人を探してるから
無節操に増やしてる汚ならしい感じはしないな
名無しさん 2018/01/05 21:16 

猫って想像以上に繁殖率が高くて一度に何匹も産むからどんどん増えるよ
やたらに飼うべきじゃないよね
名無しさん 2018/01/05 21:46 

ゲージじゃなくてケージな
名無しさん 2018/01/05 22:25 

まさか去勢手術しないで飼ってるなんてことないよね?
名無しさん 2018/01/05 23:09 

全財産を投げ出してちゃんと面倒を見てるっぽいのはスゴイけど、いわゆるアニマルホーダーってやつでは……
名無しさん 2018/01/06 00:08 

日本にも同じ活動をしてる旅館がある。
「里親探し」は大変だろうな。
名無しさん 2018/01/06 04:46 

真っ先にやってるのが去勢・避妊手術だろうな。
ここまで継続して野良猫・捨て猫の保護、世話をして組織だった運営に至っているのだから、無節操な繁殖を無視しているわけがない。
寄付に頼って成り立ってる以上、いったん金回りのバランスが破綻したら大変なことになりそうだけど、そうならないようにいざという時に役立つ人的なネットワークも築いてるんだろう。
名無しさん 2018/01/06 13:01 

問題はこの人が亡くなったあとだよなぁ
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ