お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
0 コメント

金正男氏の息子 金ハンソル氏がYouTubeに動画を公開 【海外の反応】


キムハンソルマレーシアで殺害された金正男氏の息子・金ハンソル氏が、YouTube上で動画を公開し話題になっています。YouTubeに寄せられたコメントを翻訳してまとめたのでご覧ください。


元のオリジナル動画(KHS Video - YouTube)に日本語字幕をつけた映像

以下は、オリジナル動画のコメント欄を翻訳したものです。特に断りのないものは韓国語です。(極力、成りすましのコメントは含まないように注意しました。)
・ 神よ、ハンソル氏と家族を守ってください。

・ 政治的脈絡を離れて一個人にふりかかった不幸に慰めの意を伝えます。今いる場所がどこであれ、安全に過ごしください。

・ 身辺保護は確実にしなければならない。

・ 本物が現れた!

・ あなたとあなたの家族に心からの哀悼の意を表します。気をつけてください。あなたが常に安全であることを祈ります。(英語)

・ キム・ハンソルさん。こんにちは?日本放送局朝日テレビです。近況と千里馬民間防衛に関して、より詳細な話を聞きたい。このメールに返信お願いします。(ANNnewsCH ANNニュースの公式アカウント)
 ↑ ・ANNnewsCHさん、(記者個人の)名前を明記しなければいけませんね
 ↑ ・公式アカウントでコメントしていたとしても、個人の名前まで明らかにしなければならないと思います。
補足、代表例としてANNニュースを取り上げましたが、他にも多くのマスコミの記者が呼びかけています。

・ 朝日、CNN、ロイター、マネートゥデイ、中央デイリー、ストーリーポールニュースなどの記者が、キム・ハンソルとインタビューしたい、電子メールで連絡くれ、と呼び掛けてますね。インタビューに応じて全て公開してしまったら身辺に注意してください。

・ 記者がゴキブリのようにコメントに集まってきた。ハンソル君、絶対記者を信じてはいけない。連絡もしないで。危険です。

・ 韓国に来て綜合編成チャンネル(※テレビ視聴チャンネルの一種、参考記事)や国家情報院に呼び出されてインタビューを受けるよりは、より良い場所に行き、安全に休めたらいいなと思います。どうすればいいかは本人もよくご存知とは思います。とにかく行動する際には慎重に注意深くしてください。
 ↑  ・そうですね。私も韓国に来ないほうがいいと思います。

・ ハンソルさん!韓国に亡命してください!海外にいる場合、すぐに生命に危険があります。

・ ハンゾルは、私は強くあなたが安全でここに滞在することができるようにあなたが韓国に来ることをお勧めします。韓国我々は、すべてあなたを心配していました。あなたは自分の世話をするために願っています。

・ 巨大マスコミの朝日、ロイター、CNNなどの記者がコメントしているぞ。

・ 自由な韓国に来れたらいいですね。そしてすぐに統一されればいいのに。

・ 君は今、韓国に戻って来ないと流浪の身だ。

・ このような状況で、韓国に入れば安全だろうという人たちは、よく考えているのだろうか。
 ↑ ・ どちら安全かどうかは、本人が判断するでしょう。あなたは安全な場所はどこだとお考えか?韓国が最も安全なのは正しいと思う。常時保護がついてついてくれて持続的な関心を持ってくれるところだから。

・ がんばってくださいハンソル氏。

・ 平和が来て、自由に生活できたらいいですね。

・ 米国に逃げなさい 住むところはそこだけです。

・ ハンソル君、がんばってください!ハンソル君と家族が平安でいっぱいになることを祈ります。

・ (動画の公開元で金ハンソル氏を匿っている)「チョルリマ民間防衛」って何?、なぜモザイクをしたの?

・ 国情院(大韓民国国家情報院)と政府は何してるんだ? もどかしいよ本当に。

・ 神が安全を保ち続けるでしょう。(英語)

・ 途中、口にモザイク処理されて音声を消された部分は、(「チョルリマ民間防衛」サイト上の)記事を見ると、「脱出を助けた米国、オランダ、中国に感謝する」ですね。亡命のような選択をするなら、個人的には、韓国でもいいと思いますが、個人身辺の問題を考慮すれば、米国などの国がより良いかもしれません。
以上です。
なお、動画の人物を金ハンソル氏本人と断定しているかどうかは、この記事を作成した時点ではマスコミによって見解が「断定」と「可能性がある」で分かれているようですが、本人であるという前提で記事を書きました。最後までご覧いただきありがとうございました。

他サイトピックアップ

コメント

非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ