お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
17 コメント

海外「良い考えだ」 護衛艦いずもをF-35B戦闘機が発着できる空母に改修を検討【海外の反応】


後述で海外ユーザーのコメントを翻訳してまとめたのでそちらもご覧ください。
[東京 26日 ロイター] - 2019年度から始まる新たな中期防衛力整備計画に向け、政府は「いずも」型護衛艦を戦闘機が発着できる空母に改修する検討に入った。垂直に離着陸できる米海兵隊の「F35B」戦闘機の運用を想定するとともに、航空自衛隊が同型機を導入することも視野に入れている。

事情に詳しい複数の政府関係者が明らかにした。有事の際に日本国内の滑走路が長距離ミサイルなどで破壊され、戦闘機が使用できなくなることに備えるほか、中国が活動を強める南西諸島周辺の守りを強化する。

いずもは15年に就役した全長248メートルの海上自衛隊最大の護衛艦。空母のような広い甲板を備え、同時に9機のヘリコプターを運用できる。対潜水艦戦が主要な役割で、今年3月には2番艦の「かが」が就役した。

複数の政府関係者によると、いずもはもともとF35Bの運用を前提に設計され、格納庫と甲板をつなぐエレベーターは同機を乗せることが可能。改修では短距離滑走で離陸できるよう船首にジャンプ台を増設したり、垂直離着陸時に出る熱に耐えられるよう、甲板の耐熱性を高めること、管制機能を強化することなどを検討している。(以下省略)「いずも」型護衛艦の空母化を検討、F35Bを運用=関係者

以下、英語コメントから翻訳した海外の反応
(コメント翻訳元facebooknews.yahoo.com4chan

良いアップグレードだ。日本自身が金を投じて自国の防衛力を強化できる。アメリカが日本に費やすお金も少なくなる。



日本は戦時中の70-80年前とは別の国であり、より優れた装備を持った艦船を開発するべきである。自国を守るためなら攻撃する能力も必要だ。

↑  現在の日本は戦争したい国と言うつもりもないし、日本は第一次世界大戦では米国とイギリスの同盟者であった.



良いことだ。中国という新しい帝国主義国があり、周辺地域に脅威を与えている。



日本はその改修を始めるべきだ。



私は良い考えだと思う。同盟国が高いレベルで協力することができるはずだ。



最初からそれを建造したかったのだろう。最先端の垂直離着陸できるステルス機を運用せずにヘリコプターを使用するだけで無駄だと思う。



日本の自衛隊は素晴らしい艦船を造ろうとしている。中国の海軍力を破壊できるでしょう。



改修は大掛かりなものは必要ないはずだ。それでも日本は新しい空母を構築できるだろう。

↑ いずれにしても日本は当初から航空母艦を調達することを想定していたのだろうと思う。日本列島の周りには海がたくさんあり、メンテナンスや休止時間を計算すれば3つの空母打撃群が必要だ。



問題なのは、いつ改修が行われるかということ。



その改修は別に驚くべきことではありません。



今の日本は、攻撃的ではなく自衛的な国家になったと思う。



日本が核兵器を持つ時が来た。



我々イギリスはハリアーかAV8を維持するべきだ。わざわざ高額な機体を買う必要はない。無用の長物だ。



そもそも海上自衛隊ではなく海軍と呼ぶべきでしょう。



安倍首相は、原子炉の解体や生活支援の問題から気をそらすために戦争したいようだ。 典型的な戦争主義者だ。



日本は信頼できない。アメリカは一度それを信じて仇で返してきた。真珠湾攻撃だ。



日本と中国の戦闘機パイロット、どちらが勝つかと聞かれれば、いつも日本が勝つと答える。



軍拡競争でどこが最初に破綻するのかな。



日本に空母を作ってもらいましょう。とにかく日本にはもっと防衛力が必要だ。


翻訳コメントは以上です。
DR-KUcHVoAAuKbg

他サイトピックアップ

コメント

名無しさん 2017/12/26 23:54 

これを空母と呼ぶのは正確ではないから、メディアの歪曲に騙されんなよ
いずもを改修してF-35を搭載しても、米国で言えばワスプ級かアメリカ級に相当するものとなる
つまり強襲揚陸艦で、空母ではない
強襲揚陸艦なら島しょ奪還に必要な防衛戦力と言えるが、これを空母にすり替えられてしまうと全然違う話になるからな
名無しさん 2017/12/27 00:04 

ついでに斜め煙突にしょうぜ!
  ダクト後方排気もすてがたい・・
名無しさん 2017/12/27 00:08 

>我々イギリスはハリアーかAV8を維持するべきだ。わざわざ高額な機体を買う必要はない。無用の長物だ。
シーハリアーもAV8Bも離着陸はパイロットがハンパなく神経をすり減らすほど難しい(設計いつの機体だと思ってんだw
対してF-35Bは完全手放しでもオートコントロールで機体は安定したまま
事故で経験豊富なパイロットと高価な機体を失うリスクに古い機体の整備コストを考えたら、素直にF-35に代えた方が良いと思うが
名無しさん 2017/12/27 00:42 

>強襲揚陸艦
無理
ひゅうが、いずも両型とも兵力輸送はできても揚陸作戦能力は持たされていない
LCAとかも載せられないし乗せようとしたら飛行甲板とっかえよりも大改修になる
まあ次の世代だな
名無しさん 2017/12/27 04:33 

ほほう空母にねえ。
元々単なる護衛艦だけど、まあ必要ならちょっと改造して使っても良いね。
でも次からはもう最初から空母として設計したものを造るべきだが。
やはり必要なモノはキチンと造るのが本道。近海の情勢を考えると、予算も二倍三倍に増やしても良い位だ。
名無しさん 2017/12/27 09:17 

>>1
そんなもんは朝三暮四のレベルの話
空母でいい
産経から朝日までぜんぶ空母と言ってる
名無しさん 2017/12/27 14:38 

尖閣有事なら中国本土より南西諸島の方が近いからエアカバーに問題は無いと思うし
南西諸島全体ならそれはもう戦争なんで米空母が出てくるから軽空母はお呼びじゃない
どうにも、どこで使う気なのかわからない
ミサイル防衛で予算がカツカツの中、わざわざ持つ必要があるのか?
名無しさん 2017/12/27 14:52 

空母化もなにも名前が護衛艦ってだけで空母だから
もちろん法律でも規制されていない
ちなみに太平洋に面し輸入にたよる日本に空母は必須で日本は既に原子力空母を保有している(実質三隻相当)
さらに有事の際にヘリ空母を航空機搭載も可能な空母にいつでも運用できるように最初から設計されてる。それだけの事
名無しさん 2017/12/27 16:25 

もっとでかいのを頼む
名無しさん 2017/12/27 17:55 

空母だ強襲揚陸艦だ、って言うより、有事の際に洋上補給基地として海兵隊のF35やオスプレイの運用も出来るようにしたいんだろうね。さらに日本も島諸防衛用にオスプレイやF35b 入れるならば、それも運用するだろうけど。
名無しさん 2017/12/27 18:49 

もう300m級の防衛空母造ろうぜ
名無しさん 2017/12/27 20:07 

ヘリ空母として建造したものを「改修」してミニ空母とかダセェ国になったもんだな。
ヘリ空母は、ヘリ空母。
対潜戦の重要性はどうなったんだ?
太平洋戦争で痛い目に会ったんじゃないのか
空母が必要なら別に1隻、造れっての!
名無しさん 2017/12/27 20:52 

諸島防衛は敵基地攻撃能力込みで
防衛装備のリストや新規開発装備の研究の更新が楽しみだ
監視衛星も含めて効率的な大きな刷新を待つ
名無しさん 2017/12/27 21:51 

下らねえ9条廃止しねえからこんな姑息なことするまめになるんだぞ!
名無しさん 2017/12/28 12:30 

28年度と29年度予算で建造中のイージス艦、あたご型イージス艦2隻は
イージスシステム ベースライン9CとすることでSM-6の運用が可能になる。
これは、データリンクとアクティブシーカーによって、イージス艦の
レーダーで見えない水平線下を攻撃することが可能になる。
射程は400kmで、現在のSM-2の170kmから大幅に延伸されて、航空機
だけじゃなく弾道ミサイルや艦艇を攻撃することもできる。
そういう意味での「目」としてF-35Bが是非ともほしい。
名無しさん 2017/12/28 16:01 

DDHがCVHになるなら胸熱だな
海洋国家なのに今まで無かったのが不思議なくらいだけど
名無しさん 2018/01/07 10:43 

呼び方なんてどうでもいいんだよ。
実際に海自は「大型の戦闘艦はすべて護衛艦で統一しています」と公言している。駆逐艦も巡洋艦も戦艦も空母ですら全て「護衛艦」で統一しているんだから。
「いずも」と「かが」の2艦をどう呼ぶかなんて些細なこと。
この2艦が「F-35Bの母艦」として空自のエアカバーが即応出来ない洋上、たとえばフィリピン沖だったり、ソマリア近海だったり、海自は世界中に展開しているから艦隊の防空に不安があった。だからF−35Bが艦隊を空から常時守るだけの機数、3〜4機を航海に連れていきたいだけよ。
空母厨がいってるのは日本の国防政策と合わないし、そもそも他国への爆撃云々は空自の仕事。海自は世界中どこの海でも即座にあがって自分たちの船を守る戦闘機が欲しいだけ。そのための「いずも」「かが」だよ。
って、ここまで説明しても、理解出来ない軍事音痴が偉そうに首突っ込んでくるから話がややこしくなるんだよなw
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ