お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
16 コメント

「死亡率98%以上」から生還した女性がアメリカズ・ゴットタレントで熱唱し世界が感動


98%以上が死亡した飛行機事故から奇跡的に生還した女性が、公開オーディション番組「アメリカズ・ゴットタレント」に出場して見事な歌声を披露して話題を呼んでいます。

plane-clash

米国在住のナイジェリア人女性Kechi Catchesさんは、2005年に発生した「ソソリソ航空1145便墜落事故」で乗員乗客110人中わずか2人しかいない生存者の一人です。下に引用したウィキペディアで「1人の生徒が救出された。」と書かれているのがCatchesさんのようです。当時まだ16歳でした。
ソソリソ航空1145便墜落事故 - Wikipedia2005年12月10日にナイジェリアの都市アブジャとポートハーコートを結ぶ便であるソソリソ航空1145便が、ポートハーコート国際空港の滑走路に墜落した航空事故である。
墜落の直後に、6人の生存者が救出され病院に運ばれたが、そのうち4人が治療中に死亡し、残りの2人の生存者は南アフリカへの帰路についた。乗客としてアブジャ近郊の高等学校であるロヨラ・イエズス学院の生徒61人が乗り合わせ、そのうち1人の生徒が救出された。

彼女は事故後アメリカに移住し、ある程度回復した後に、自分を精神的な面でも治療する一環として、音楽に本格的に取り組みました。それでも10年以上たった今でも全身に痛々しいやけどの跡が残っており、相当大変な道のりだったと思われます。

番組では、審査員と観客は、彼女の経歴を事前に知らされていなかったため、彼女の姿を見て驚き、そして事故の詳細を聞かされてさらに驚きました。

ただし、「アメリカズ・ゴットタレント」は、あくまでも能力で勝負するオーディションです。Catchesさんは、Ed Sheeran(エドシーラン)の曲「Thinking Out Loud」を熱唱しました。どのくらい素晴らしい歌声だったかは映像をご覧ください。



彼女の素晴らしい歌唱力に感動した観客と審査員は総立ちになりスターティングオベーションで彼女を称えました。
映像を見たユーザーからも感動したという声が殺到し、彼女の経歴や事故についても役に立つコメントが寄せられていました。一部を翻訳してまとめたのでご覧ください。

以下、海外の反応youtubefacebook


ああ神様、彼女の声は非常に美しいです。インドネシアからの愛を込めて😍😍😍

↑ 私もそう思います。神に誓って彼女の歌は素晴らしいと断言できます。



これは外見で判断してはいけないという完ぺきな実例だね。彼女は素晴らしい。



私の父は、同じ事故機に乗り合わせて私たちから奪われました。Kechi、あなたは私たち全てに感動を与えてくれました。非常に感激しています。



彼女の声はなんてクリアーで美しいのだろう。

↑ その通りです。素晴らしい。

↑ 完全に同意。



これは、神の運命。でも、飛行機事故でさえも彼女を屈服させることはできませんでした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

彼女は結婚しているという噂があります。(※補足 高評価のコメントではなく真偽不明です)

↑ 彼女はとても素晴らしい女性なので、結婚していると聞いても驚いていません。彼女を初めて見たときから素晴らしい人だと思いました。(+10)



生還者Kechi Okwuchiは2015年にテキサス州のセント・トーマス大学を首席で卒業しています。さらに6つの学術的名誉団体から表彰されて会員になっています。(※補足 Kechi OkwuchiとKechi Catchesは表記の違いだけで同一人物です。一つ上のコメントのように、結婚しているとすれば名字が変わったのでしょう。その他、米国式に名前を変えたのか、ニックネームなのかの可能性もありますが、断定的な情報は見つかっていません。)



彼女は絶対に素晴らしいです。二人しかいない生存者の一人として天使のように歌っています。私は彼女を愛しています。



たった、二人だけの生存者のうちの一人なのか。



私はあなたのことを覚えています。牧師Bimbo Odukoyaも事故機に同乗して被害にあいました。彼女は勝てなかったですが、神はあなた女性を祝福します
(※補足 唯一の著名人のようです。画像は英語版ウィキペディアBimbo_Odukoyaより
BimboOdukoya


彼女はまさにゴールデンブザーの一人に値します。彼女はなんて美しい人なんだろう。(+355)
(※補足 ゴールデン・ブザーが押されると、その時点でオーディションの予選通過が確実になり、セミファイナルへ出場権が与えられます)

↑ おそらく合格を与えたと思うけど、これは「チョイ漏れ」映像であってフルビデオではないんだね。もちろん私は彼女の審査通過を願っていますよ。



ゴールデンブザーに100000%値します。(+84)

↑ そこまでは評価できない。(+7)

↑ もちろん彼女の歌は素晴らしかったがブザーが鳴るシーンはなかったね。

↑ これはタレントショーであることを忘れないでください。彼女は素晴らしい声を持っているかと聞かれれば「もちろん」と答える。しかし、彼女の悲劇的な物語を知らずに歌を聴いてしまえば、あなたは次のように考えるだろう。「彼女はこの審査は合格だ。しかし特別なものとまでは言えない。」



事故前の彼女はとても奇麗でしたよ。
Kechi-sosoliso-survivor
http://4.bp.blogspot.com/-YVeHCnY27gM/UxGh-NhHF3I/AAAAAAAAATM/dp05Zs_04jY/s1600/Kechi-sosoliso-survivor.jpg

↑ 今でもきれいです。



彼女の素晴らしい歌声を聴いたとき、私の髪の毛と背筋がゾクゾクして立ち上がってしまいました。



私はこの飛行機事故を覚えています。60人が一つの学校から命を奪われました。私はあなたKechiをとても誇りに思っています。あなたはとても勇敢で、あなたの声は神がかっています。



若いのに素晴らしい女性だ。彼女は残りの人生が素晴らしいものになり、失ったものを完全に補うことができるでしょう。



あなたは外傷の話が無くてもこの審査を勝ち抜けるでしょう。...... それにしても「アメリカズゴット」という名前は問題だね。




翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→クリック後サイト表示で投票完了 1日1票反映←)

plane-clash

他サイトピックアップ

コメント

名無しさん 2017/06/12 23:49 

ば、バケモノ!?(´・ω・`)
名無しさん 2017/06/13 00:21 

↑さすがにそれはねーわ
管理人 2017/06/13 00:36 

管理人です。記事公開後に情報元をチェックして新たな情報が見つかり、翻訳コメントで大きめの修正をしたので一度こちらにもコメントします。彼女は米国移住後に大学を首席で卒業し、真偽不明ですが結婚している可能性があるとのことです。そういった部分では怪物クラスなんでしょうね。
名無しさん 2017/06/13 00:39 

1に鏡を。
名無しさん 2017/06/13 00:41 

そして1に日本語の教育の機会を。
名無しさん 2017/06/13 00:52 

黒人は火傷の跡が目立たないんだな。羨ましい。
名無しさん 2017/06/13 00:53 

言っていいことと悪いことの違いも判らないのかよ
名無しさん 2017/06/13 01:13 

彼女には何の非も無く避けられない事故で友人を失い、辛い治療、後遺症の上に※1の同類の心無い反応に苦しんだでしょうね。
どんなに強くても傷つかないわけじゃないから。
声が無事で良かった。
名無しさん 2017/06/13 01:13 

凄いね
想像できないぐらい大変だったと思う
歌声もとても綺麗で素敵です!
名無しさん 2017/06/13 01:17 

1の心の醜くすぎて吐き気がする
バカの一つ覚えで偽善とか言いそうだけどそういうのじゃなく純粋に終わっていますね
名無しさん 2017/06/13 04:16 

>事故前の彼女はとても奇麗でしたよ
>↑ 今でもきれいです。
もうそういうくっさい偽善はいいから
吐き気がする。
事故前の彼女は確かに綺麗だった。それでいいだろうが。
名無しさん 2017/06/13 04:25 

他人のストーリーそのものに共感ができない精神状態においては
どのようなストーリーかというのは関係なく、共感ができないんですよ
そしてなぜそういう状態になったのかについて思いを馳せる前に他者否定に走るのも私たちの習性ですね
名無しさん 2017/06/13 06:41 

可哀想に
まだ顔がススで真っ黒だ
名無しさん 2017/06/13 22:06 

重度の火傷治療って拷問で、泣き叫ぶくらい辛いんだよね。毎日毎日、血が吹き出る中皮膚を擦ってそぎ落とす作業をしないとちゃんとした皮膚が再生しないから。こんな広範囲の治療は、まさに地獄だったろうと思う。
まぁバケモノだろうな、こんな辛いこと乗り越えて歌まで上手いんだから。
toshiko 2017/07/31 00:49 

もし・・・自分にとって1番大切な人が同じ事故に遭い同じ傷を負ったらこんな悲しい言葉は出ないでしょう。人はみな・・・他人事なんですねっ。
名無しさん 2017/09/23 00:15 

強い人だな、尊敬する
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ