お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
14 コメント

世界報道写真コンテスト大賞に千葉康由さん 日本人が41年ぶりに受賞(海外の反応)



このニュースについて海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。(引用翻訳元 twitter、facebook、reddit
千葉康由_世界報道写真コンテスト大賞AFP

以下、海外の反応


千葉康由さん、おめでとう。素晴らしい写真!(※同じようなコメント多数)



心の奥底から、写真家と世界報道写真財団に感謝します。私達の気持ちを反映してくれてとても嬉しいです。受賞おめでとうございます。 スーダン



これは「1枚の絵は千の言葉に値する」というのをまさに現したもの。


受賞おめでとう千葉康由さん。スーダン蜂起のパワフルなイメージが伝わってくる。 イギリス



本当に素晴らしい。聖書に出てきそうだわ。 オランダ



うまい、これは映画の場面からそのまま飛び出してきたシーンだ。




(スーダンの首都)ハルツームで何が起こっているの?

↑ スーダンでは残忍な独裁者オマールアルバシルが長期的に君臨していたが、2019年にクーデターで追放された。スーダン人の多くは、ついに自由な民間政府に代わると期待したが、代わりに引き継いだ軍が、新しい独裁政権を押し付けてきた。 それ以来、人々はこの新しい軍事政権に抗議し、選挙を要求している。



ワゥ、なんてパワフルな画像なんだろう。

↑ 写真ではなく絵かと思った。

 ↑ 多くの携帯電話のライトに照らされているから、ろうそくの光のもとで描かれたルネサンス絵画に似ている。



おめでとう@YasuyoshiChiba。彼はこの素晴らしい写真を2019年6月にスーダンで撮影してくれた。2019年には世界中で非常に多くのデモがあり、レバノンからチリ、フランス、スーダンまで、より良い生活や言論の自由を求めて抗議する人たちがいた。



素晴らしい撮影、素晴らしい人々、間違いなく受賞に値する。
ありがとう@YasuyoshiChiba 、お見事です。 イラク



あの写真はとても美しい。 スーダンの苦しみと闘争をよく現している。 スーダン



これは、その抗議運動を撮影した動画。大賞を受賞した日本人写真家「千葉康由」が撮影している場面が登場する。



これは本当に病みつきになる写真。



大賞以外もパワフルな写真ばかりだね。皆さんおめでとう!
(※補足)「スポットニュース部門」では、EPA通信の黒川大助さん(44)が2位。(朝日新聞



スーダン大革命を撮影した素晴らしいショット🇸🇩❤️✌🏽 スーダン



あの写真からもたらされるパワーといったら・・・。私もそこにいたかった。



彼の顔がすべてを物語っている。言葉は必要ない。


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)

他サイトピックアップ

コメント

名無しさん 2020/04/18 16:14 

流石のリズム感
名無しさん 2020/04/18 16:41 

確かに一目見て何か訴えかけるものがある
名無しさん 2020/04/18 16:44 

ページ開いた第一声が「これ……写真?」ってくらい上手く撮れてんなぁ。
名無しさん 2020/04/18 16:52 

まさにその場にいたときの熱量が伝わってきますね。写真って情報を伝える手段だけど、いかによけいな情報をそぎ落として一番伝えたいものをフォーカスすることでここまで強烈な写真が撮れるんですね。
名無しさん 2020/04/18 17:40 

スマホの光で照らしてのスピーチ。
熱意がとにかく伝わってくる。
写真に詳しくないけどテレビのニュースでこの写真を見て感動しました。
名無しさん 2020/04/18 18:07 

来年の大賞はコロナ関係かな
名無しさん 2020/04/18 18:34 

素晴らしい写真。頼むから政治信条を出さないで欲しい
名無しさん 2020/04/18 18:40 

訴えかけてくるものがあるし、何より構図がカンペキ
名無しさん 2020/04/18 19:57 

構図、臨場感、意味付け、質感、等々、写真家が訴えたいテーマを、
的確に表現している。これが写真の力です。
ある意味怖いともいえる。
なぜなら、閲覧者である群衆を誤誘導することができ、
長きにわたり作品が、社会を扇動するツールとして、機能するからです。
名無しさん 2020/04/18 19:58 

背景知らなくてもグッとくる
ドラマを想像しちゃう
名無しさん 2020/04/18 21:09 

報道の本質は扇動行為にあるんじゃないかという疑念を強く思った。
そりゃ活動家がジャーナリストになりたがる訳だ。
名無しのanonymous 2020/04/19 03:43 

逆だ。扇動するための報道をする、だ。
もちろん、真実を報道することもあるだろうよ。
けれどな、真実であれ虚偽であれ、善意であれ悪意であれ、それで多くの人の行動を左右付けたら、それはどうあがいても"扇動"になっちまうんだよ。
やろうと思えば、政府中枢に「正義の民衆」を雪崩れ込ませて皆殺しにさせることもできる。
本当にそこが政府中枢なのか、民衆は本当正義だったのか、そして民衆も本当にただの民衆だったのか。
もう、今の時代では分からなくなってしまったことだ。
名無しさん 2020/04/19 12:45 

レンブラントの絵みたい
名無しさん 2020/05/14 18:01 

群集の熱狂は、陽であれ陰であれ感情に訴えるものがある。
にしてもアフリカンの音楽センスはやっぱ凄いな。
みんながリズムに乗せて声を合わせ律動する姿は力強く美しい。
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ