お知らせ

当サイトは、主に日本・日本人に関連した海外のコメントをまとめている「海外の反応ブログ」です。
2020年8月23日にブログの引っ越しを行い、こちらに移転してきました。
(旧ブログURL http://dimi.gger.jp/)

このブログについて プライバシーポリシー

RSS

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  10  09  08  07  02  01  12  10 
12 コメント

トランプ大統領が新型コロナの自主隔離人物と濃厚接触も検査受けず(海外の反応)


トランプ氏と会見の米議員2人、感染者との濃厚接触判明 新型コロナ:AFPBB News
【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領と最近濃厚接触した共和党議員2人が、先月末に行われた保守派の集会で新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触していたことが判明した。2人は9日、自己隔離を行っていると発表した。両氏とも感染を示す症状は報告していない。

 一人はダグ・コリンズ(Doug Collins)議員。先週6日に米疾病対策センター(CDC)本部でトランプ氏と面会し、握手した。コリンズ氏は、2月の会議で接触した人が新型ウイルス検査で陽性と判明したと伝えられ、「十分な注意を払って、自らを隔離することを決定した」と述べた。(以下略)
英dailymailの記事から一部引用翻訳)
25750620-8093085-image-a-71_1583784361790
ダグ・コリンズは金曜日にドナルド・トランプと握手し、CDC本部に向かった。
彼は現在自主的に隔離措置を受けていると言っている。

Chairman_of_the_American_Conservative_Union_Matt_Schlapp_said
ACUのマット・シュラップ議長は、先週CPACでトランプ大統領と握手する前に、
感染者と対談していると発言した。

このニュースについて海外ユーザーと思われる英語コメントをまとめたのでご覧ください。アメリカ人から引用すると単純に反トランプ派とトランプ支持派の対決になってしまうので、アメリカ人からは高評価コメント上位2つ以外は極力避けています。(引用翻訳元 dailymail

以下、海外の反応


なんという完璧な災難なのか。 ノルウェー



これは最高の皮肉だ。拍手! アメリカ(※高評価コメント)



検査したほうが良かったよ。ウイルスは誰にもリスペクトしてくれない、「大統領だから」とかは通用しない。 ナイジェリア


トランプは、弾劾であれウイルスであれ、自分には免疫があると思っているのでしょう。 フィンランド



あの高いプライドは粉々になり11月の選挙には負ける。トランプはお終いだ。 アメリカ(※高評価コメント)



トランプは潔癖症、細菌恐怖症を主張しているけど、これは嘘でしょう。潔癖症なら握手することはできないから。 タイ




トランプ大統領の高いエネルギーならウイルスを破壊するでしょう! メキシコ



トランプは握手をやめるべきだった・・・フェイクニュースを主張し、国家/世界の危機をからかうのではなく。 国籍不明(編集中に国籍失念)

↑ それに加えて、トランプがインフルエンザの患者数と比較しているのもかなり痛い。新型コロナがインフルエンザ並に多くの人に広がった場合、どれだけの人が死ぬのだろうか。 国籍不明(編集中に国籍失念)
昨年37,000人のアメリカ人が一般的なインフルエンザで死亡した。年間平均だと27,000〜70,000だ。それでも何もシャットダウンされず、生活と経済は続いている。現時点でコロナウイルスの確定症例は546件で、死者は22人しかいない。このことについてもっと考えよう!



彼は認知症の検査をすべきだ。 スウェーデン、イギリス他、同じようなコメント多数



彼の年齢で感染したら皮肉だね。もしそうなったら自分で自然治癒するのは難しい。 アイスランド



彼は「失言症」の病気の検査を受けるべきだと思う。 イギリス



ほかにも色々検査する項目がありそうだ。 イギリス



なんか彼は感染していそうな感じ。 イギリス



彼は、周囲の人々のためにも自主隔離する必要がある。 オーストラリア



トランプのコロナ感染のリスクは大衆が心配するほどは高くはないだろうけど、彼の取り巻きや上院の手下は心配する必要がある。 イギリス



彼を永遠に封鎖しよう。 カナダ


翻訳コメントは以上です。記事内容が「よかった 役に立った」と思われたらブログランキングの投票をしてもらえると励みになります(→リンククリックで投票完了← 1日1票反映)

他サイトピックアップ

コメント

名無し 1970/01/01 09:00 

KEYWORDS:
名無しさん 2020/03/11 15:32 

CDCで握手ってのは皮肉だな。
名無しさん 2020/03/11 15:51 

インフル死亡数って年間平均でも少ない方なんだな・・・マジか・・・
名無しさん 2020/03/11 16:11 

やっぱり裸の王様はやることが違うなw
名無しさん 2020/03/11 16:50 

トランプは元気だ、年を感じない。
さすが、成功したビジネスマン。
名無しさん 2020/03/11 16:51 

>先週6日に米疾病対策センター(CDC)本部でトランプ氏と面会し、握手した。
これだと今の時点で調べても陰性になるだろ
名無しさん 2020/03/11 16:54 

まぁトランプが言ってる通りたしかに武漢ウイルスは大したことないね
感染しても8割が軽症って事
インフルの方が感染力強いし死んでる
名無しさん 2020/03/11 17:33 

トランプはウイルス感染者を忌み嫌ってる
どうせこれはウイルスを恐れていないというパフォーマンスだろう
あくまで感染者じゃなくて自主隔離者
隔離者が非感染者なのも下調べはばっちりなんだろう
名無しさん 2020/03/11 17:38 

感染しても直ぐには症状は出ない
5日~10日くらいで何らかの症状が出て来るんじゃないのか
名無しさん 2020/03/11 18:00 

外人って何でこんなに近いの?
挨拶の時、普通二メートルは離れてるよね。
名無しさん 2020/03/11 18:04 

人類の肺炎死を克服されると困る連中が居るよね
資産家、投資家、大企業、政治家、既得権益だよ
ガンや循環器系の病気は金持ちにも容赦しないから必死に薬を作るけど
肺炎はほったらかし
肺炎ってのは歳をとったらタヒねという金持ちからのお達しなんだよ
しかし金持ちでも簡単には治らない肺炎が現れた
ざまーみさらせ。ほれさっさと肺炎治る薬作れや馬鹿ネ持ち
名無しさん 2020/03/11 20:07 

ちょっと前にこういうやり取りを記者としていたな。
記者「政治的集会は安全ですか」
トランプ「かなり安全だ、かなり安全だ」
さてさて、どうなるかな。
非公開コメント

他サイトピックアップ



記事検索

管理者にメール

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ